記憶術の方法|Tips|倉橋竜哉の記憶術

倉橋竜哉の記憶術HOME > 記憶術Tips > 記憶術の方法

記憶術Tips

記憶術の方法

記憶術の方法や種類で場所法・置換法・物語法・頭文字法などは、明治時代に井上円了博士が出版した「記憶術講義」の中で記憶を助ける方法として紹介されたものが派生して生まれたものだと言われています。
「記憶術講義」の中で紹介された記憶法は連帯法・仮物法・略記法・統計法・句調法・分解法が説明され、記憶術では接続法・心像法・配合法・代数法・代字法・算記法が説明されました。

場所法・置換法・物語法・頭文字法などは記憶の技術によって暗記する方法として知られ、基本技術と言われる連想・変換・連結を組み合せたもので出来ています。

場所法は連想と連結を組み合せたものとして知られる方法で、記憶術のなかではスタンダードなものです。
場所法には大きく分けて2つあり、ひとつは実際の場所を使う方法、もうひとつは架空の場所を使う方法です。

例えば、実際の場所を使う方法は銀座を記憶の場所に使って、その場所を思い浮かべながら記憶したいものを関連付ける方法です。
銀座4丁目にはライオン・銀座5丁目には車という方法でライオンと三越デパートを結び付け、車と日産自動車を結び付ける方法です。
実際の銀座を知っていれば、ライオン・車・ケーキと覚えて行けば銀座4丁目、銀座5丁目、銀座6丁目のことと三越デパート、日産自動車、不二家が思い浮かぶのです。
架空の場所を使う方法は、実際にある場所を関連付けるのではなく自由に頭の中に作った地図に覚えたいことを関連付ける方法です。

他にも、置換法は数字子音置換法・数字仮名置換法があり、頭文字法も置換法のひとつだと言われています。

物語法は覚えたい言葉を覚えるための架空のストーリーを作るもので、「ライオンと車が競争してケーキ屋さんに向かった」という物語を作ることで、記憶を助けるものです。
ただ銀座4丁目に三越デパート、銀座5丁目に日産自動車、銀座6丁目に不二家と覚えるより、「ライオンと車が競争してケーキ屋さんに向かった」と覚える方法です。






あなたは記憶術を何に役立てますか?
  • 資格試験・勉強で使う
  • ビジネスで使う
  • プライベートで使う
  • 初めての方へ! To first one. イメージをしてみよう!
  • 開催地:
  • マスコミ掲載 Mass Media
  • 講師 倉橋竜哉 tatsuya kurahashiのプロフィール 今日から学校や職場で使える現場が「ガラリ」と変わる方法を教えます!
  • 講義風景 Lecture scenery 楽しい講義風景を見てみよう!
  • マインドマップ 基礎講座 Mind Map 学ぶ力をアップしよう!
  • 小田全宏の人間学講座
  • 倉橋道場 Kurahashi gym 記憶編の案内
  • 受講生のメッセージ Participant's message
    受講生のメッセージ

    私が倉橋さんのアクティブ・ブレイン講座を受講しようと思った理由は一つです。それは・・・

    続きはこちらから

  • 呼吸法の本「呼吸で心を整える」倉橋竜哉・著
  • メルマガ登録希望の方は下にメールアドレスを入力してください
      
      読者登録規約    
  • 携帯でのメルマガ登録希望の方はこちらをクリックしてください↓↓
    携帯メルマガのご案内
  • QRコード
記憶力をアップさせる倉橋竜哉の初心者のための記憶術