記憶と記憶術|Tips|倉橋竜哉の記憶術

倉橋竜哉の記憶術HOME > 記憶術Tips > 記憶と記憶術

記憶術Tips

記憶と記憶術

記憶には、感覚記憶、短期記憶、長期記憶、などいくつかに分類することができます。

感覚記憶は、臭いをかぐ、何かを見る、触れる、などの感覚器官からの刺激の情報を受け取ります。

短期記憶は作業記憶とも呼ばれていて、少量の情報を短時間だけ保持します。この記憶のおかげで、頭の中で足し算などの計算ができます。また、電話する時ちょっとだけ番号を覚えておくことや、文の後半を読んだりするまで前半を覚えておくこともできます。

でも、短期記憶には限界があります。覚えたはずの電話番号もすぐに忘れてしまいます。情報をずっと貯蔵しておくには、長期記憶に収める必要があります。

では、どうすればいいのか?
これが記憶術です。


たいていの場合、物忘れするのは注意が足りないからである、とある本は言っています。どうすれば注意を高められるのでしょか。興味を持ち、可能ならノートを取ると、考えを集中できるだけでなく聞いた事柄をあとで振り返ることができます。すごく簡単なことで当たり前に思えることですが、これも一つの記憶術です。

さらに、覚えたいものを声に出して繰り返すのも記憶術です。声に出すことにより、神経同士のつながりが強まります。どうしてそういえるのでしょか。口に出して言うときには、注意を集中することになります。外国語を勉強しているのであれば、その時に先生に直してもらうこともできます。このような状況も脳や神経を刺激し、記憶する助けになります。

新しい事を学ぶときには、それを、既に知っている事と関連付けて覚えるようにします。たとえば、人の名前を覚えるときには、名前を、その人の外見的な特徴と、あるいは名前を連想させるものと結びつけます。関連付けが失礼にならない程度のユーモラスであればあるほど、思い出しやすくなります。覚えたい人や物事について考えることが大切です。






あなたは記憶術を何に役立てますか?
  • 資格試験・勉強で使う
  • ビジネスで使う
  • プライベートで使う
  • 初めての方へ! To first one. イメージをしてみよう!
  • 開催地:
  • マスコミ掲載 Mass Media
  • 講師 倉橋竜哉 tatsuya kurahashiのプロフィール 今日から学校や職場で使える現場が「ガラリ」と変わる方法を教えます!
  • 講義風景 Lecture scenery 楽しい講義風景を見てみよう!
  • マインドマップ 基礎講座 Mind Map 学ぶ力をアップしよう!
  • 小田全宏の人間学講座
  • 倉橋道場 Kurahashi gym 記憶編の案内
  • 受講生のメッセージ Participant's message
    受講生のメッセージ

    私が倉橋さんのアクティブ・ブレイン講座を受講しようと思った理由は一つです。それは・・・

    続きはこちらから

  • 呼吸法の本「呼吸で心を整える」倉橋竜哉・著
  • メルマガ登録希望の方は下にメールアドレスを入力してください
      
      読者登録規約    
  • 携帯でのメルマガ登録希望の方はこちらをクリックしてください↓↓
    携帯メルマガのご案内
  • QRコード
記憶力をアップさせる倉橋竜哉の初心者のための記憶術